アキタの雑記

生物学専攻の大学5年生の雑記ブログ。 読んだ本、コンピューター系のメモ、愛猫の写真、勉強のこととか。

2018年12月

【Dim Sum】

Dim sumとは

Dim Sumは中華料理の一種で、一口大の大きさの料理を蒸籠で蒸した料理、または小皿で提供される料理のことを指すようです。例えば、シュウマイとか、肉まんみたいなものもDim Sumみたいです。すごく中国っぽかったです(中国行ったことないけど)。2日間の朝食に食べたディムサムをまとめます。

富山点心

富山点心のマップ
店の中。朝9時くらいでほぼ満席。店内はおれら以外は中華系の人な印象。ここでの公用語は中国語らしい。英語が使えないわけではないが。人口の7割が中華系なのも納得。
4CAF2DDD-D39F-426F-A2C5-60B9523FB84F

まずお茶を注文。その後は注文をしにカウンターへ。好きなのを選ぶと店員さんが席まで運んでくれる。シュウマイ、餃子、ゴマ団子、チキンライス(写真手前)を注文。レベル高い。
0EC46803-2733-41C4-9AC2-7202BBA04679

エッグタルト。優しい甘さ。出来立てだったのもあって特に美味しかった。
A64D92AA-70A1-434D-8159-DE8EC1A2B43D

Ming Court

Google Map
外観の写真。↑に書いた店の向い側の店。ちなみに前日は混みすぎて入れなかったのでリベンジでした。
3AE4480C-101B-4096-8038-AB8D409D6FEA


店内の写真。朝8時くらいでこの混みよう。年末だからなのか、それ関係なしに有名なのかは分からないです。前日の朝9時に来た時は座れませんでした。ここでも店内の公用語は中国語。中華系率が圧倒的でした。
B6470289-5E10-4C10-84C9-766759E62E78

 席は相席。まずはお茶を注文。それから座っていると店の人が料理を持って歩きまわっているので、食べたいものがあったらもらう感じです。もらったものは伝票に書き込まれていくスタイル。前の店とはちょっと違うスタイル。

 ぷりぷりエビシュウマイ(写真手前と左奥)。きなこもち。揚げ物(名前はわからない)。全部美味しい。中華クオリティ高い。
492218BA-2853-486D-8A48-E1276E3EC096

ゴマ団子。もちもちでほのかに甘くて美味しい。とりあえず料理はハサミで切ってくれるのですが、切り切れてないことが多いです。
19D0C91C-AD36-4813-9DA8-D434565AB78A

チキンライス。コメはもち米でもちもち。中にはチキンとゆで卵が入っていました。
48AB0B87-427F-4168-BFD9-19FD80B130E0

でか肉まん。具材はゆで卵、チキンの塊、肉の餡。美味しい。底の皮は絶対に剥がれる。
79B5AC50-A23C-46D5-B46E-A40BF1CE9537
 
 これらを二人で食べて34RM。日本円で1000円ちょいくらいかな。だから一人当たりだと500円くらい。

 

イポの関連記事

【イポのカフェ-Burps & Giggles, Patisseries BoutiQue】

【BEDS GARDEN Hostel】イポのオススメゲストハウス

【イポのレストラン紹介: Restoran Thean Chun-天津茶室,Kafe Yoon Wah, Tong Sui Kai】

【Kek Lok Tong】石灰岩で形成された洞窟

【Kellie's Castle】

【イポ観光】オススメ料理は、もやしチキン!街の雰囲気

【イポのレストラン紹介: Restoran Thean Chun-天津茶室,Kafe Yoon Wah, Tong Sui Kai】

イポ市内のレストランまとめ

2泊3日でのイポ旅行での食事のまとめです。イポは美食の街で知られると言われる通り、リーズナブルで美味しいご飯を食べられました。 イポは多民族国家のマレーシアの中でも中華系が大多数を占める街です。そのため、中華料理をベースにしたような料理がたくさん見られました。


Restoran Thean Chun 天津茶室


オールドタウンにある中華系のレストラン。昼の1時くらいに行ったら激混みでした。そのため、相席。お客サンはだいたい中華系。店の中は中国語が飛び交う。いやー中国感。中国行ったことないけど。メニューは壁に看板かけられていたので何が置いてあるのかいまいちわからない中での食事でした。
71A1C915-D62C-46FE-946C-F721AA99637C

牛肉麺です。麺は種類を選べるようです。注文の時におばちゃんが麺の種類を選べるよ的なことを言ってるんだろうなと推測しました。実際、英語あまりうまくないおばちゃんだったので何言っているか聞き取れませんでした。これはビーフンです。なかなか美味しかったです。優しいスープの味でした。肉はごりごりのもりもりでした。お腹いっぱい。
86A79663-9F0D-4678-88FD-7A3C3E694FC2

ここの名物らしいプリン。中華系でなんでプリンが名物なのかは謎。80円くらいでこのクオリティ。安い。甘すぎなくて好みのプリン、いやプディングでした。
29EBAE27-2258-436A-B61C-BA7BC21986E2

Kafe Yoon Wah


ここはメニューの分厚さがスゴカッタです。2センチくらいありました。夜の7時くらいに訪れたら落ち着いて座れました。ここは英語大丈夫でした。ここはギンギンにグラスを冷やしたスノービールというのが有名らしく、連れの希望で訪れました。俺は飲んでないけど。
DC10D8AD-BBB1-4FCB-A7FE-284EB0B7357B

店の感じ。開放的なマレーシアではありがちな感じ。ちと暗いかな。
E0ECE9B8-624E-4D39-8821-E2B4A1C83383

注文した料理たち。シェアしよう。ということで、鹿肉の黒胡椒炒め(右奥)、豚肉炒め(右手前)。ライス足りなかったので、追いライスしました。普段はチキンが主食の我々はチキン以外を食べたかったので、豚とシカにしました。シカはマレーシアでは初めて見ました。歯ごたえのある牛感。どっちもしょっぱくてご飯が進むんだなあ。
D555A20A-48D7-4446-A766-22CF6EE49992

Tong Sui Kai


デザート通りみたいな感じ。屋台的に多くの店が連なってました。ホテルから徒歩5分くらいだったのでアクセスしやすかったです。ここではアイスカッチャとかいうかき氷を目当てに訪れました。席は混み混みでなかなか座るのが難しかったです。また、席によって利用できる店が異なるみたいでした。シマ的な??
A609FFB3-FD9E-46DD-B44B-A2EACE802976

デザートの他にもご飯もあるみたいですね。
12AB36F0-5506-4781-A2BA-CADC37DDE113

マンゴー、スイカ、ジャックフルーツ、ライチ、ラベンダーゼリー、緑色のゼリーと色鮮やかなかき氷でした。フルーツ最高。年末にかき氷を食べることになるとは思いませんでした。
6C77FB57-F726-4E31-B11D-5AB627D74A9D

イポの関連記事

【イポのカフェ-Burps & Giggles, Patisseries BoutiQue】

【Dim Sum】コスパ最高満腹朝食inイポ

【BEDS GARDEN Hostel】イポのオススメゲストハウス

【Kek Lok Tong】石灰岩で形成された洞窟

【Kellie's Castle】

【イポ観光】オススメ料理は、もやしチキン!街の雰囲気

【イポのカフェ-Burps & Giggles, Patisseries BoutiQue】

炎天下の中歩きっぱなしだとしんどいですよね。そんなときに一息つけるカフェのご紹介~。カフェストリートみたいな通りがオールドタウンにありました。そこらへんでまったりしていた記録と紹介です。

Burps & Giggles

Burps and Gigglesの入り口。入って右側です。
33D2C75F-3846-4E7F-8254-2C369F5783EE

店内。いい雰囲気です。クリスマス終わっているけれどクリスマス飾りはそのままなスタイル。二階もあるみたい。
B212D179-8442-4CCA-B0E8-9C30271A5EBC

アメリカン。甘くないコーヒー久しぶりに飲んだ。マレーシアのコーヒーはKopiってマレー語で表記されるんですけど、大体甘いんですよね。しかも砂糖シロップをコーヒーにぶち込んだ感じなので最後の方はコーヒーを飲んでいるのか砂糖水を飲んでいるのかよくわからなくなるという。
 
 普通のコーヒーがこれほど美味しく感じられるなんて。
11EE5B20-DECA-4733-8EB3-17B4EFD40ECA

アイスクリーム。ナッツ美味し。生きる力を与えてくれますね。
39E30C4F-4CE0-4E41-B9BF-55F2C5EF88FE

Patisseries BoutiQue

Patisseries BoutiQue看板からおしゃれ。
ADDC92CA-871B-4C8C-9737-DF1305D30BF8

店内もいい雰囲気。軽食もとれるみたいです。ちなみにブレーカー2回落ちました。
612B5716-679E-4180-841E-56421B6522AD

74CA9977-AAED-4534-A09A-6FB72BD632AB

アメリカン。
A0D65FAC-A180-437D-BA5D-C34400F29AB1

あ、よくインスタとかで見るやつだ。アーティスティックですね。
AC1D2971-2FB9-4D09-B2C7-DEA269CFC156

最後に


甘いコーヒーからブラックのコーヒーまで様々なお店があります。イポの街歩きにつかれたときはカフェで一休みするのがいいかもしれないですね。

イポの関連記事

【BEDS GARDEN Hostel】イポのオススメゲストハウス

【Dim Sum】コスパ最高満腹朝食inイポ

【イポのレストラン紹介: Restoran Thean Chun-天津茶室,Kafe Yoon Wah, Tong Sui Kai】

【Kek Lok Tong】石灰岩で形成された洞窟

【Kellie's Castle】

【イポ観光】オススメ料理は、もやしチキン!街の雰囲気

Kek Lok Tong

石灰岩で形成された天然の洞窟。中は10分もあれば回れます。入場料無料!仏教系の寺院っぽくなっていました。雄大であっけに取られる景色が見られます。無料。洞窟を抜けると中華風の庭園が見られます。猿やガチョウなどの動物を見ることができました。なお、グラブはあまり来ないみたいなので要注意です。 9BCC46F3-CBAA-42DF-AED0-66F48664E869
手前は孔子。中国っぽい。行ったことないけど。洞窟内はかなり高さがありました。
82BFF961-82B6-46AC-8673-FF436D152551

左はゾウに、中央は蓮に、右は犬?に乗った仏像。
D4E82176-AC52-4A18-B3D8-87E82CBBCDFC

ここでは靴を脱がないといけないみたいです。
6C9927A2-8C41-4304-9C66-BBDDE8E83119

45D095D0-06EA-4B9A-9246-AA3084BC580A

牛に乗った仏像。
7E74E34B-E8B7-4AC1-821F-83E2487BE907

洞窟を抜けると中国庭園が。天気が良かったのでいい眺めでした。
D5765D5B-E083-4D75-BF9F-8178E00C27D1

蓮の池。池の中には鯉。中国っぽい。行ったことないけど。
346FC583-67ED-4CE4-9F32-45F14539E70A

最後に

長い時間楽しめるかというとそうでもないですが、自然に作られた洞窟とその中に建てた仏教寺院を見に来てみては?イポはこのような洞窟内に仏教寺院が建てられたところが複数あるようです。美味しいものを食べた後は、こういったところに訪れるのもいいかもしれません。




イポの関連記事記事

【イポのカフェ-Burps & Giggles, Patisseries BoutiQue】

【Dim Sum】コスパ最高満腹朝食inイポ

【イポのレストラン紹介: Restoran Thean Chun-天津茶室,Kafe Yoon Wah, Tong Sui Kai】

【BEDS GARDEN Hostel】イポのオススメゲストハウス

【Kellie's Castle】

【イポ観光】オススメ料理は、もやしチキン!街の雰囲気

Kellie's Castle


天気は快晴。観光で歩き回るには少し暑すぎるくらいだ。イポの中心部から50km、車で30分ほどの場所にこの古城は位置していた。
FDDF79CB-1E19-4CA5-BB0A-785CCD081FF8

濁った川の写真。
C8CC11CB-0997-4AD8-BC43-A91E1C88C026

入場料の10RMを支払い中を見て回る。それほど大きな城ではない。1時間も滞在すれば十分だろう。この古城はこの地域一帯の傾向が硯やゴムで潤っていた時期に建てられたそうだ。コロニアル建築と呼ばれるイギリスの植民地時代の影響を受けた建物だ。

DFAABF25-ADA1-46F8-8EEF-FC5D714D6CB8

周囲を森に囲まれ、古びた建物に植物が繁っている様子はさながらロールプレイングゲームのようだった。
37D1CF00-1196-46A0-9EF0-195B30E42E90

中側からの写真。
34D15739-A42D-4C61-92CC-E1F586E8DAB5

当時の家具類。西洋っぽい。
 9822C888-3D13-495A-B52C-1C53BA0808DA

710E4F85-AA35-44CE-9068-A8A3181A67F5

最後に

この日は年末のため家族連れが多く目立った。子供たちの学校が休みのために訪れる人が多いんじゃない?とグラブの運転手が話していた。なお、帰りもグラブを使おうと考えていたが、市街から遠いため拾えなかった。お土産屋さんのところにグラブタクシーの運転手の電話番号が載せてあったためその電話番号に電話をかけて帰ることができた。もしなかったらヒッチハイクになっていたのかも。

イポの関連記事記事

【イポのカフェ-Burps & Giggles, Patisseries BoutiQue】

【Dim Sum】コスパ最高満腹朝食inイポ

【イポのレストラン紹介: Restoran Thean Chun-天津茶室,Kafe Yoon Wah, Tong Sui Kai】

【Kek Lok Tong】石灰岩で形成された洞窟

【BEDS GARDEN Hostel】イポのオススメゲストハウス

【イポ観光】オススメ料理は、もやしチキン!街の雰囲気

↑このページのトップヘ